スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年12月22日

チェンソーでビール瓶の栓を抜くおじいちゃん


地面に置かれた瓶とチェンソーを持ったおじいちゃん。おもむろに瓶に向かってチャンソーを構えて近づいていくと・・・ポンッ!っと綺麗に抜栓しちゃいました。まさに神業です。


栓が気持ちよく飛んで行くのでちょっと楽しそう。機会があればやってみたいかも。



動画を見る>>>スポン!チェンソーでビール瓶の栓を抜くおじいちゃん

  

Posted by なるへー at 20:45Comments(0)動画・画像

2012年12月22日

ドイツが作ったガラス製テレビがカッコイイ



Michael Friebe氏がデザインしたこのテレビ、「Loewe AG」の最新カタログにも載っておらず、実際に発売されているのかは不明。


デザインっていっても、誰でも思いつくようなものだよね、これ。そのまま製品に出来ないと意味が無い。でも、製品化されたら是非とも欲しい。テレビ見ないけど。

  

Posted by なるへー at 17:59Comments(0)MONO

2012年12月22日

ちょっと不思議な錯視映像


人間の脳は自分が思っているよりも騙されやすいもの。大人になればなるほど既成概念が強くなるので、なおさらだ。

最近なんか、トリックの絵とか画像とか映像なんかをよく見るけど、はやってるの?


動画を見る>>>あなたの脳は騙されている!?ちょっと不思議な錯視映像

  

Posted by なるへー at 17:01Comments(0)動画・画像

2012年12月22日

水滴の作り出す神秘的なマクロ写真の世界


水面に液体を垂らすと、そのたびに様々な形が出来上がり、同じ形はひとつとない。カナダ在住のオランダ人アーチスト、Corrie Whiteはその世界に魅せられてしまった写真家だ。


身近にあるものだから、より神秘的に見える。人間の作り出せない不思議なフォルムだね。


画像を見る>>>水滴の作り出す神秘的なマクロ写真の世界

  

Posted by なるへー at 15:16Comments(0)動画・画像

2012年12月22日

世界一高い1杯約70万円のカクテル



世界一高いカクテルへの挑戦がなされた。これまではドバイのホテルで提供される1杯約47万8千円のカクテルがその座を占めていたが、今回5500ポンド、日本円で約70万円のお値段となる。調合に使われたのは、1778年コニャック(Clos de Griffier Vieux Cognac)、1770年キュンメルリキュール、1860年頃のオレンジキュラソーに、1900年代のアンゴスキュラ・ビターズを少々とのこと。


一杯約70万円のカクテル・・・もちろん味のほうも気になるけど、いったいどんな人が飲んだのかがきになるね。


詳細を見る>>>200年以上前のコニャックを使った世界一お高い1杯約70万円のカクテル

  

Posted by なるへー at 02:35Comments(0)気づき